2017/05/20

子どもの「こだわり」と「プライド」は欠点じゃなくて長所だ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
ビジネスウーマンから、自分自身の内的必然性に導かれて、心理臨床の道へ。臨床心理士として学校や教育機関での相談活動を経て、2016年、東京・青山にはこにわサロン東京をオープン。 箱庭療法を通じて「あなただけの生き方」を応援している。
詳しいプロフィールはこちら

「こだわり」と「プライド」大人の世界では、ほめ言葉ですよね。

でも、これがマイナス言葉になるのが小学校じゃないかと思います。

「あの子はこだわりが強い」

「あの子はプライドが高くて、助言を受け容れられない」

小さいときは素直が一番で、こだわりもプライドもいらない、と思われているように感じます。

でも、小さくても一個の独立した人間だから、こだわりだってプライドだって、ちゃんとあるよ。

そこをネガティヴなものと断定して、無理に指導しようとすると、暴力になってしまうんじゃないかと感じることがあります。その暴力を敏感に察して、反発して、学校に行かなくなる・行けなくなる子も少なくないように思います。

たしかに、こだわりとプライドは、育てにくさにつながる。なんでも素直に聞ける子ってすくすく伸びるなって思う。でも、こだわりとプライドのある子は、荒れ地でも自分のペースで育つ強さがある。大人になると、短所が長所に転じるんじゃないかと思います。

だから、悲観しないで。

かくいうわたしも、素直さのない、マイペース・マイウェイの子どもでした。先生にも叱られるほうが多かった。でも、認めてくださる先生もいらしたので、「わたしを認めない先生のほうが悪い」と思い込んで成長しました。

もし、あなたが「こだわり」と「プライド」のある子どもだったら、どうぞあなたの個性を守って、成長してください。

もし、あなたのお子さんが「こだわり」と「プライド」の強いお子さんだったら、どうぞ子どもの個性を誇りに思ってください。あなたのお子さんは、あなたの数々の子育ての失敗など、ものともしない大きな人間に成長していきますよ!

もしものもしも、「こだわり」と「プライド」を「欠点」だと言われたら、ご相談ください。ご一緒に、お子さんの持ち味を守り育てる作戦会議をいたしましょう。

 

子育てについてまとめたこちらの記事もどうぞ

自分の子どもがかわいくないと思ったときの救急箱

子どもが成長すると親がさぼってしまいがちなこと

【学校で元気に過ごすために】シンプルだけど大切なこと3つ

こころの反応にはタイムラグがある

『今しかできない子育てを親子で楽しむ秘密の方法』e-book無料ダウンロードページ

 

ちょっとひといきいれませんか?

はこにわサロン東京では、子どもの持ち味を最大限に育んでいけるように、長期的な視野で、子どもとお母さん(お父さん)のカウンセリングをします。

カウンセリングのお問合せはこちら

カウンセリングのご予約はこちら

セラピストプロフィール

はこにわサロン東京のご紹介(料金・メニュー・開室日・アクセス)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
ビジネスウーマンから、自分自身の内的必然性に導かれて、心理臨床の道へ。臨床心理士として学校や教育機関での相談活動を経て、2016年、東京・青山にはこにわサロン東京をオープン。 箱庭療法を通じて「あなただけの生き方」を応援している。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© はこにわサロン東京 , 2017 All Rights Reserved.