2017/10/23

心の闇に取り組むときに、夢が教えてくれること〜クレヨンしんちゃんの映画で解説

 

この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
ビジネスウーマンから、自分自身の内的必然性に導かれて、心理臨床の道へ。臨床心理士として学校や教育機関での相談活動を経て、2016年、東京・青山にはこにわサロン東京をオープン。 箱庭療法を通じて「あなただけの生き方」を応援している。
詳しいプロフィールはこちら

はこにわサロンの吉田です。

Googleで「こころ」と調べると、セットで「闇」というキーワードが表示されます。

こころの闇が気になってヒントを探しておられるのかな。

でも、なにしろ「闇」ですから、ちょっと怖いですよね。

「影は大事なこころの一部」でも書きましたが、人間のこころにとって、「影」や「闇」は実はとっても大事なことなのです。

だから、怖がらないで知って欲しい!と思っていたところ、いいものを見つけました。

 

映画クレヨンしんちゃんでこころの闇について学んでみよう

謎の美少女さきちゃん

しんのすけの通うふたば幼稚園に謎の転入生がやってきました。

さきちゃんは、しんのすけたちにこころを開きません。というのも、さきちゃんは毎晩、悪夢に苦しめられていて、さきちゃんのお父さんが、健康な子どもたちの夢を吸い取ることで、さきちゃんを悪夢からまもっていたのです。

それを知ったしんのすけ。

「オラたちでさきちゃんを救うぞ〜!」

「カスカベ防衛隊、ファイアー!!」

 

さきちゃんを苦しめているもの

さきちゃんの夢の中へ入っていったしんのすけたちは、さきちゃんの悪夢の正体が、さきちゃんに恨みを持ったさきちゃんの母親さゆりの怨霊であると知ります。

さきちゃんのお母さんは、お父さんと一緒に夢を研究していました。ある日、実験室で爆発が起きたときに、さきちゃんのお母さんは、さきちゃんをかばって死んでしまったのです。

さきちゃんは、大好きなお母さんを失っただけでなく、「お母さんを殺したのは自分だ」という罪悪感に責められ続けて来たのです。

 

夢の中へ・・・

さきちゃんを救おうと、さきちゃんの夢の中に入っていったしんのすけと子どもたち。

必死にさきちゃんのお母さんの怨霊と戦います。

怨霊はさきちゃんを呑み込もうとしますが、危機一髪しんちゃんが助け出します。

 

小さいさきちゃん

怨霊を倒した!というところで、怨霊の中から出て来たのは、小さいさきちゃんでした。

「あんたがお母さんを殺したんだよ。お母さんはあんたのことを許さないよ。あんたは一生、苦しむんだよ」

「ちょっとまったー!」

乱入して来たのはしんのすけの母、みさえです。

「さきちゃんのお母さんが、そんなことするはず絶対にない💢」

すると・・・

「さ〜き〜」

「どうしたの?怖い夢をみたの?大丈夫、怖い夢はバクが食べてくれるよ」

さゆりは、さきちゃんをなぐさめます。

そして、さきちゃんこそがさゆりの喜びであり、「さきのこと恨んでなんかいないよ」と伝えるのです。

 

さきちゃんの悪夢の正体とは?

さきちゃん自身の罪悪感だったのです。

小さなさきちゃんの「お母さんを殺したのは自分だ」という悲しい気持ちと罪悪感が、さきちゃんを「罰として決して幸せになってはいけない」と責め続けていたのでした。

「あたし、消えるの?」

さゆりの怨霊に化けていた小さなさきちゃんが、つぶやきます。

「消えなくっていいよ」

さきちゃんは、小さなさきちゃんが体現する「お母さんを殺したのは自分だ」という罪悪感を消すのではなく、そのままの小さなさきちゃんとこころの中で同居していくと決めたのでした。

 

わたしが秀逸だなと思ったのはこんな点

  • さきちゃんを苦しめていたのは、お母さんの怨霊などではなく、さきちゃん自身の罪悪感だとわかったこと
  • さきちゃんがそのことに気づいて、小さなさきちゃんを自分の一部として受け容れる決心をしたところ
  • さきちゃんを悪夢から救ったのは、しんのすけたち、さきちゃんの仲間だったこと

 

こころの闇はひとりでみないこと

自分のこころの闇は、自分の中の受け容れ難い自分です。

でも、それを排除しようとすると、さきちゃんのように悪夢にうなされることもあるでしょう。

無理に排除しようとすると、日常生活に大きな支障をきたしたり、自分らしく活き活きといきられなくなってしまいます。

そんなときには、ご自分の夢のメッセージに耳を傾けてください。

クレヨンしんちゃんの代わりに、はこにわサロン東京がお手伝いします。

 

夢分析とは

夜眠っている時には、自分を縛っている自分の「意識」が弱まります。そのため、こころの奥深くにしまわれている願い、怒り、悲しみ、愛、などが、わりとストレートに表現されます。ただし、夢の理解には、夢の文法を理解して、翻訳できないと、夢を活用することはできないんですけどね。

 

あなたのこころの闇をたいせつにするカウンセリング

こころの闇は目に見えません。目に見えないものを扱うときに、よりどころとなるのがイメージです。たとえば、こころの闇について『クレヨンしんちゃん』をよりどころにしたように。

はこにわサロン東京では、箱庭療法や絵画療法、夢分析などのイメージを活用した方法で、こころをケアし、育み、自分らしく存分に生きられるよう応援します。

カウンセリングのお問合せはこちら

カウンセリングのご予約はこちら

セラピストプロフィール

はこにわサロン東京のご紹介(料金・メニュー・開室日・アクセス)

この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
ビジネスウーマンから、自分自身の内的必然性に導かれて、心理臨床の道へ。臨床心理士として学校や教育機関での相談活動を経て、2016年、東京・青山にはこにわサロン東京をオープン。 箱庭療法を通じて「あなただけの生き方」を応援している。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はこにわサロン東京 , 2017 All Rights Reserved.