2017/11/18

あなたは自分を変えたいのになかなか変われないと悩んでいませんか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
ビジネスウーマンから、自分自身の内的必然性に導かれて、心理臨床の道へ。臨床心理士として学校や教育機関での相談活動を経て、2016年、東京・青山にはこにわサロン東京をオープン。 箱庭療法を通じて「あなただけの生き方」を応援している。
詳しいプロフィールはこちら

あなたは、自分を変えたいと思いますか?

もしや、自分を変えたいと思っているのに、なかなか変われないと悩んでいたりしますか?

世の中には、「すぐに変えられる」と謳った自己啓発の本がたくさんあります。

でも、わたしは、本当に変わりたいとしたら、すぐに変わるっというのは決して良いことではないのではないかと思っています。

なぜ、そう思うのかをお話しますね。

 

何度も繰り返し失敗を重ねてようやく大きな成長にいたる王子のお話

東京・青山のカウンセリングルーム、はこにわサロン東京の吉田です。

今日は、わたしが大好きなお話のひとつである『チベットのものいう鳥』という物語についてお話したいと思います。

 

これは、もともとチベットで採集された民話なのですが、短いお話がまとまってひとつの物語になっています。

『チベットのものいう鳥』となかなか変わることができないことを大切にするカウンセリング

ある国の王子が、王になるための修行として、鳳凰を捕まえることになりました。

そして、鳳凰を持ち帰るまで、ひとことも口を聞いてはいけないという条件が課せられました。

王子は「そんな簡単なこと!」と思いました。

 

ところが、鳳凰を捕まえて持ち帰る道すがら、鳳凰は「お話をしてあげましょう」と言って、さまざまな物語を聞かせてくれるのです。その物語がとても面白いので、王子はつい「それでどうなった?」と聞いてしまうのです。

口を聞いてしまうと、また一からやり直しです。

鳳凰を探す。

捕まえる。

帰途につく。

鳳凰の話に夢中になって、「それでどうなった?」と聞いてしまって、ふりだしに戻る。

王子はなんと、20回以上、同じ失敗を繰り返して、5年の歳月をかけて、ようやく鳳凰を宮殿に持ち帰ることができました。

セラピストよしだ
あ〜、また話しちゃったねぇ、惜しい!って何度も思いながら読みました!

 

でも、人間が変わるって、本当はこういう時間と労力が必要なのではないでしょうか?

 

繰り返すことには、もうひとつ、とても大切な意味がある

昔話を研究しておられる小澤俊夫先生という方がいらっしゃいます。

この方は、子どもに昔話や絵本を読むときの大切なことをお話されたところから、抜粋です。

子どもが成長するときには、未知の世界へ入っていくから、それは嬉しいけれども不安もある

そんな時に、子どもは、もう知っているものと再会することで、自分の人生を確かめているんです。

それが魂の安定した成長につながるんですね。

小澤俊夫『こんにちは、昔話です』小澤昔ばなし研究所

 

小澤先生は、例として、子どもが同じ本をくりかえし読むことをあげています。

確かに、お気に入りの絵本を毎日くりかえし読まされたり、家にある本を図書館から借りてくる子どもの姿に驚かれたことがあるのではないでしょうか。

このような子どもの行動は、もう知っているものとの再会のためだったのですね。

つまり、くりかえすというのは、自分を確認するための大切な作業なのです。

そして、このことは大人にとっても同じなのではないでしょうか?

 

充分に体験するということは、誰にとっても大切なこと

人は、変わりたいと思っても、すぐに変わることはできない。

それは、よくも悪くも、自分を守るためでもあるのではないでしょうか。

たとえ、自分が望む良い変化だとしても、すぐに変わるというのは、あなたという、ひとりの人間全体からすると、危険を孕んだ出来事と言えるかもしれないと思うのです。

けれど、しっかりと時間をかけて、あなたが望む自分に変わっていくことは、あなたに大きな成長をもたらすのだと思います。

(わたしは、このような大きな成長をもたらす変化のことを「変容」と呼びます。)

 

箱庭の中の繰り返し

『チベットのものいう鳥』の王子も、5年間同じ失敗を繰り返しただけあって、最後は本当に大きな成長をしていましたよ。

これは、箱庭療法にもよく似ているな、と思います。

 

箱庭の中で、同じ表現が何度も繰り返されることがあります。

それは、繰り返し作ることが大事なのです。

すると、ある時、パッと大きな変容が起きてくるのです。

 

箱庭療法とは?

 

はこにわサロン東京のカウンセリングとは?

 

はこにわサロン東京では、ユング心理学に基づき、イメージを活用してあなたの心の深いところに働きかけるカウンセリングをしています。

はこにわサロンのカウンセリングはユング心理学に基づいてあなたの心の深いところに働きかけます

 

具体的には、あなたのお話を大切に聴かせていただくカウンセリングの他に、箱庭療法、絵画療法、夢分析などを通じて、あなただけの答えを見つけるお手伝いをしています。

 

箱庭カウンセリングについて知りたい方はこちらを読んでみる

 

カウンセリングを受けてみる↓↓↓

 

ご紹介した本

この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
ビジネスウーマンから、自分自身の内的必然性に導かれて、心理臨床の道へ。臨床心理士として学校や教育機関での相談活動を経て、2016年、東京・青山にはこにわサロン東京をオープン。 箱庭療法を通じて「あなただけの生き方」を応援している。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© はこにわサロン東京 , 2017 All Rights Reserved.