2017/10/23

うれしいことも悲しいことも感じなくなってしまったあなたへ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
ビジネスウーマンから、自分自身の内的必然性に導かれて、心理臨床の道へ。臨床心理士として学校や教育機関での相談活動を経て、2016年、東京・青山にはこにわサロン東京をオープン。 箱庭療法を通じて「あなただけの生き方」を応援している。
詳しいプロフィールはこちら

はこにわサロンの吉田です。

人には誰にでも、思い出したくないこと、忘れてしまいたいことがあります。

セラピストよしだ
あるある!(転んだことや、おサイフ忘れて買いものに行ったことや、酔った勢いでしゃべったことや・・・)あわわわ!

 

思い出したくないことは誰にでもありますよね

例えば・・・

 

そう、「忘れる力」ってとても大切だと思います。

セラピストよしだ
忘れる力に助けられている〜としみじみ感じるお年頃(てへ)

 

心配なのはこんな場合です

小さなことでも溜めすぎていたり

 

こんなことが、ひとつでもあったら、大変です!

 

このような大変なことは、簡単には忘れることができないので、重石で押さえつけることになってしまうのです。

すると、あなたにとって大切な喜怒哀楽のような、人間としての大切な感情もブロックしてしまうのですね。

 

すると・・・

 

あなたの喜怒哀楽をとりもどすために

重石になっている箱の中身と向き合って、整理しないといけませんよね。

でも、それは、簡単なことではありません。

 

だから、どうぞお独りではなさらないでください。

セラピストが一緒にいて、危険がないように、そして、どんなに辛いことも、あなたの大切な一部分として、ていねいに立ち会います。

 

セラピストと一緒に向き合っても、やはり辛いプロセスになるかもしれません。

それでも、やっぱり、あなたのいきいきした喜怒哀楽をとりもどして欲しいのです。

 

セラピストよしだ
本来のあたなを取り戻せるようにわたしたちがお手伝いします。

 

お手伝いの方法

どうお手伝いするのかというと、いくつかの方法があります。

 

言葉を介したカウンセリング

あなた
はこにわサロンは箱庭療法だけなのかと思っていました。
セラピストよしだ
いいえ。言葉を介したカウンセリングも行なっていて、箱庭療法はしない方も半数いらっしゃるんですよ。

あなたのお話にていねいに耳を傾けて、辛い気持ちを共有していきます。

上手にお話できなくてもかまいません。

こちらから、問いかけをしていくこともありますし、黙って辛い体験に思いを馳せながら聴かせていただくこともあります。

 

箱庭療法

言葉で話すことは苦手だという方や、イメージで表現したいという方。

言葉によるカウンセリングを試したけれど、行き詰まってしまったという方。

せめてカウンセリングの中では辛い思いをしばし忘れて、ひとときのヒーリング体験をしたいという方などには、箱庭療法をご提案します。

箱庭療法というのは、砂箱の中に、ミニチュアフィギュアを置いて、自分だけの表現をする心理療法です。

セラピストよしだ
「箱庭療法ってなぁに?」という方は、こちらをご覧くださいね。

箱庭療法とは

箱庭療法の効果について

箱庭療法の動画(1)動画(2)

 

まとめ

誰にでも、忘れたい体験はあります。

日常の嫌だったことは、次第に忘れていくので心配いりません。

けれど、あなたを大きく傷つけ、損なってしまった体験があった場合は、無理に忘れてしまおうとすると、それが重石となって、自然な喜怒哀楽もうまく働かなくなってしまいます。

そうなってしまった時は、セラピストを同伴者に、重石の中に向き合ってみませんか。

そのプロセスは辛いことが予想されますけれど、それでもやはり、本来のあなたを取り戻して欲しいのです。

 

はこにわサロン東京について

開室日・料金について

セラピストのプロフィール

ご予約

この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
ビジネスウーマンから、自分自身の内的必然性に導かれて、心理臨床の道へ。臨床心理士として学校や教育機関での相談活動を経て、2016年、東京・青山にはこにわサロン東京をオープン。 箱庭療法を通じて「あなただけの生き方」を応援している。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© はこにわサロン東京 , 2017 All Rights Reserved.