東京・青山の心理カウンセリングルーム 月金土開室 女性の臨床心理士在中

オンライン・カウンセリング受付開始

【繊細で敏感なHSPには箱庭療法が効果的】その理由をDOESで説明します

 
この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
外資企業勤務後、心理臨床を志す。臨床心理士の資格取得後は東京・神奈川・埼玉県スクールカウンセラー、教育センター相談員などを経て、2016年、東京都港区・青山一丁目に「はこにわサロン東京」を開室。ユング心理学に基づいたカウンセリング、箱庭療法、絵画療法、夢分析を行っている。日本臨床心理士会、箱庭療法学会所属。
詳しいプロフィールはこちら

東京・青山の心理カウンセリングルーム、はこにわサロンの吉田です。

はこにわサロンで行なっている「箱庭療法」は、HSP(繊細で敏感な気質の人)にぴったりのカウンセリング方法です。

 

それは、HSPの「深く感じ取る力」や、「刺激に敏感なところ」、「共感力」、「洞察力」が箱庭療法を味わい尽くすのにとても向いているからです。

 

箱庭療法とは?
砂箱の中にフィギュアを置いて作品を作ることを通じて心の治癒を行うカウンセリング手法。

詳しくはこちらから

 

では、なぜ箱庭療法がオススメなのか。

その理由をHSPの大切な特徴であるDOES(ダズ、またはドューズ)を使って説明しますね。(DOES: エレイン・N・アーロン『ひといちばい敏感な子』より)

 

D:深く処理する

HSPは、何事も深く受け止めて、深く考える性質があります。

 

それはHSPの長所ですが、考えすぎて堂々巡りしてしまったり、考えても納得できない時に自分を責めてしまったり、自信を失ったりしてしまいがちです。

 

それは、HSPの「深く受け止める」がシャープ(局所的に)心に食い込んでしまうからだと思います。

 

そのような時、イメージの力を借りると、考え方や感じ方に広がりが出ます。新しい視点を見つけたり、気持ちを緩めることができます。

 

絵を描くなどの創作活動をしたり、音楽を聴いたりすると、気持ちを切り替えたり、気持ちを楽にできたりしませんか?それはイメージの力によって癒されているからなのです。

 

箱庭療法は、砂を造形したり、フィギュアを置いて自由に表現するカウンセリングです。

思いつめていた辛さを箱庭の中に置いてみると客観視できて楽になったり、自分の表現を眺めることで気持ちが楽になったりします。

 

 

O: 過剰に刺激を受けやすい

HSPは他の人が気づかない刺激に気づきやすく、その刺激に強く反応しやすいです。

そのことで動揺して、くたびれてしまうことも多いのではないでしょうか。

 

箱庭療法は、静かでプライベートな空間で行います。

あなたがサラサラした砂の感触がお好きでしたら砂に触れることを通じて気持ちを落ち着かせることができます。

もし、砂の感触が苦手でしたら、砂には触らないで作品作りをすることもできます。

それはあなたの気持ち次第で、どちらでも構いません。

 

箱庭の制作は、自分の心のイメージを自分なりの表現で箱の中に置いていきます。

この自分ペースで表現できるプロセス自体が、刺激過多で疲れているHSPにとってのセルフ・ヒーリングとなります。

 

E:感情反応が強く、共感力が高い

HSPの人は、感情の反応が細やかで豊かです。

周囲の人の喜怒哀楽を素早くキャッチし共感してしまう力は、時に苦しいこともあると思います。でも、この力は、箱庭ではとても役に立ちます。

 

箱庭を作る過程や、作品を眺め理解する時に、HSPの人は箱庭に表現されている情緒的なメッセージをキャッチし、しっかりとご自身で味わうことができます。

 

これは、口で言うほど簡単なことではありませんが、HSPの人にとっては、自然とできてしまうことなのです。

 

 

S:ささいな刺激を察知する

HSPは小さな変化やささやかな違いを察知する力に長けています。

 

そのため、美術や音楽を鑑賞する時にも、よく観察し、洞察しています。日常生活でも同様に、周りの人の表情や小さな違い、雰囲気をパッと察知します。

 

箱庭療法では、全体から受け取るイメージだけでなく、フィギュアの選び方や置き方、位置関係などからも、様々に心の様子を読み取ることができる手法です。

 

ですから、様々な角度で、小さな事柄からもメッセージをキャッチできるHSPの方には、やはりとても向いた方法であると思います。

 

 

箱庭療法はDOESを持つHSPにとても適したカウンセリング方法

このように、箱庭療法は、繊細で敏感なHSPにとって、ご自身の性質が丸ごと「長所」として活かされるカウンセリング方法だということがお分りいただけたでしょうか。

東京・青山のカウセリングルームで箱庭療法を体験してみませんか?

はこにわサロン東京では、「箱庭体験」というメニューをご用意しています。(詳しくはこちらをクリック

 
箱庭体験のお申し込みはこちらから

料金:1万円(税込)

時間:約70分(カウンセリング)

特典:箱庭作品の写真をアルバムにして、プレゼント!後日郵送いたします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
外資企業勤務後、心理臨床を志す。臨床心理士の資格取得後は東京・神奈川・埼玉県スクールカウンセラー、教育センター相談員などを経て、2016年、東京都港区・青山一丁目に「はこにわサロン東京」を開室。ユング心理学に基づいたカウンセリング、箱庭療法、絵画療法、夢分析を行っている。日本臨床心理士会、箱庭療法学会所属。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください