東京・青山の心理カウンセリングルーム 月金土開室 女性の臨床心理士在中

オンライン・カウンセリング受付開始

«HSPと発達障害» 両方ある?HSP+ADHDについてDOESで説明

 
この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
外資企業勤務後、心理臨床を志す。臨床心理士の資格取得後は東京・神奈川・埼玉県スクールカウンセラー、教育センター相談員などを経て、2016年、東京都港区・青山一丁目に「はこにわサロン東京」を開室。ユング心理学に基づいたカウンセリング、箱庭療法、絵画療法、夢分析を行っている。日本臨床心理士会、箱庭療法学会所属。
詳しいプロフィールはこちら

東京・青山の心理カウンセリングルーム「はこにわサロン東京」の吉田です。

HSPと発達障害(ADHD・ASD)の違いについて書いたところ、「どちらもあります」という声が聞こえました。

 

「どちらもあるけど、どっちなんでしょう?」

「両方あるっていうこともあるんでしょうか?」

というお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのですね。

 

 

この記事ではまずHSPの第一人者であるアーロン先生のお考えをご紹介したうえで、わたしが実際に臨床場面で感じていることについてお話していきます。

 

 

「HSPと発達障害を併せ持つことはある?」アーロン先生のお考え

アーロン先生は基本的に、HSPと発達障害は「似たところがあるけれど、全く違うもの」と考えておられます。

 

そのうえで、併せ持つことがあるのかについて、「アスペルガー障害(ASD)とHSPを併せ持つ方にあったことがあり」HSPとASDを併せ持つことはあると思うと書いていらっしゃいます(*1)

 

一方で、ADHDについては「HSPとは相反する性質であり、併せ持つことはない」と書いておられます(*2)。

 

(*1) http://hspjk.life.coocan.jp/blog-Neurodiversity.html

(*2) http://hspjk.life.coocan.jp/FAQ-HSP-ADHD.html

 

「HSPと発達障害を併せ持つことはある?」吉田が感じていること

実は私自身は、アーロン先生と逆に考えています。

 

というのは、HSPの共感性はASDの方にはないので、HSPかつASDの方はいらっしゃらないのではないか。

 

↑この記事を書いてから、HSPとASDをそれぞれ「薄く重複して持つ」場合は、併せ持つことがあるのではないか、と考えを改めるに至りました。こちらの記事で書いています。

 

 

でも、HSPとADHDは、確かに性質として相反するけれども、併せ持つ人がいるのではないかと感じています。

 

 

HSPの方は小さな違いも敏感に察知して深く感じ取るので、心の動きが自分の内面に向かい、相手に対してすぐに自分の思いを伝えたりすることは苦手です。

 

 

でも、HSPは場の空気や相手の願いを読み取り、気持ちが動転してしまうことがありますよね。ここにADHDを併せ持つ場合は、動転のあまり慌てて何かしてしまう形で衝動性が発揮されるようなのです。

 

HSP+ADHDの例をDOESを使って説明

 

D・・・処理のふかさ

O・・・神経のたかぶりやすさ

E・・・感情反応および共感力の強さ

S・・・ささいなことや、ささいな違いを察知する

(DOESはいろいろ訳がありますが、HSP・エンパス専門キャリアコンサルタントみさきじゅりさんの訳でご紹介します。)

 

では、例をご紹介しましょう

 

①  朝、同僚に「おはよう!」と言ったら、「おはよう」と言ってくれたけど、目が合わなかった。

(S・・・ささいなことや、ささいな違いを察知する)

 

 

②  なぜ目を合わせてくれないのだろう?わたし何か悪いことしたかな?そういえば、昨日、用事があって定時に退社してしまったけど、それで迷惑をかけてしまったかもしれない。

(D・・・処理のふかさ)

 

③  怒っているのかな。あぁ、なんで昨日、帰る前にひとこえかけなかったんだろう?でも、毎週木曜日は専門学校に通っているから遅くなれないことは伝えてあるんだけどな。だけど、昨日は用事もあって、ほんとに定時ぴったりに帰っちゃったのは悪かったな。もしかしたら、昨日あいさつなしで帰ったから私のほうが怒ってるって誤解させちゃったかな?それとも、ひとりで急な残業に対応して怒っちゃったのかな?

(E・・・感情反応および共感力の強さ)

 

 

④どうしよう・・・。わたしなんか焦ってきちゃった。

(O・・・神経のたかぶりやすさ)

 

 

 

このように、「いつもは仲の良い同僚と朝、目が合わなかった」という出来事があったときに、HSPの方はその違いを察知し、自分に原因があるのではないか?と考え、動揺してしまったり、同僚はどんな気持ちでいるのだろう?と考えすぎてしまうと思います。

 

 

でも、深く感じすぎる故に、すぐに相手に「ねぇ、どうしたの?」とは聞けないですよね。

 

 

ところが、HSPにADHDを併せ持つ場合は、このあとこんなことが起きます。

 

 

どうしよう。同僚を怒らせてしまった。なんとかしなくちゃ。そうだ!同僚が困っていたあの仕事の件、わたしから上司にかけあってあげよう。そしたら、きっと同僚の怒りも解けて、わたしたちの関係も回復するはず。じゃ、さっそく行ってこよう!

(ADHD・・・自分の感覚に基づき衝動的に行動する)

 

この例のようなとき、

HSPは、同僚が目を合わせてくれなかったという小さな出来事から深読みしすぎて、疲れてしまいます。

 

 

ADHDは、同僚の様子に気づかないか、気づいたら「どうしたの?なんか元気ないじゃない?なんかあったの?」と聞けます。

 

 

HSP+ADHDは、同僚の違いを察して深読みした結果、同僚の気持ちを回復させるために焦って何か勝手なことをしてしまい、かえって同僚をあきれさせたり、誤解を受けてしまったり、トラブルになってしまうこともあります。その結果をHSPの部分が深く受けとめ、自分を強く責めてしまったりするのです。

 

 

つまり、HSP+ADHDの方は、ささいな違いを察知して(S)、深く受けとめて(D)、強く感情反応して(E)、慌ててしまった結果(O)、自分でも予想外の言動をしてしまう(ADHD)のです。

 

 

HSP+ADHDの辛さ

HSPやADHDは、どちらかひとつでも、少しややこして大変な時があるのですが、HSP+ADHDになると、相反する気質をひとりの人間の中に持ち合わせるため、内面がとても忙しくて、悩みやすい、疲れやすいのではないかと思います。

 

 

また、失敗してしまったとき(とくにADHDの傾向として同じ失敗を繰り返してしまったとき)に、深く受けとめてしまうため、自己批判の悪循環から抜け出られなくなることがあるように思います。

 

 

HSP+ADHDの良さは?

でも、何事も悪い面があれば良い面があるもの。このHSP+ADHDという大変な性質ゆえに人生がプラスに動くこともきっとあると思います。

 

たとえば、HSPだから本当は言いたくないけどADHD がつい言ってしまったことがきっかけで新しい出会いや展開があったり、世界が拡がったりすることもあるのではないでしょうか。

 

 

HSPもADHDも、どちらも「生まれ持った気質」だから一生おつきあいする自分のパーソナリティ。「本当にしんどいし手間もかかるけど、人間らしくて、愛らしくて、悪くない」と思えるといいなと思います。

 

 

結論「HSPと発達障害を併せ持つことはある」

このように、HSP+ADHDは併せ持つことがあると思います。

 

HSP+ASDは、わたしはまだ「併せ持つことがある」と思っていませんが、今後、HSP+ASDの方にお会いすることで「HSP+ASDも併せ持つことがある」と見解を変えるかもしれません。理屈では「相反するから併せ持てない」と思っていても、人間はなかなかに複雑で柔軟な生き物なので可能かもしれないな、と思います。

 

いずれにしても、一番の願いは「いろいろあるけど自分って味わいがあっていいやつだな」と思って生きていけることです。

 

 

HSPのおすすめ記事

HSPは自分にとっての当たり前ということを書いている土出麻美さんの記事。

 

HSPって何?どんなの?イメージしやすいように解説してみたよ

この記事では、HSPと非HSPを「咀嚼(食べ物を口の中で何回噛むか〜HSPは1000回噛む人)」に例えて説明していてとてもわかりやすいです。

 

このたとえで言うと、HSP+ADHDさんは「いつもは1000回噛むけど、動揺すると2回で呑み込んじゃって消化不良になってしまう人」という感じかなと思います。

 

«補足» HSP+ADHDはHSSとは違うの?

ここまでお読みになった方の中には、「HSP+ADHDっていうのはつまりHSSのことなんじゃないの?」と思った方がいらっしゃるかもしれません。

 

HSSとは?

High Sensation Seeking(刺激追求型)のことで、マービン・ズッカーマンによって提唱された。

 

HSSは「変化に富み、新奇で複雑かつ激しい感覚刺激や経験を求め、肉体的・社会的・法的・経済的なリスクを負うことを好む。」

 

「飽きっぽく新しいことに挑戦するリスクをとりがちなHSSはHSPの対極にあるように思えるが、それは間違いである。敏感さと刺激追求は完全に独立した特徴なので、どちらかが強い、両方とも強い、あるいは両方とも弱いということがあり得る」

E・アーロン『敏感すぎてすぐ「恋」に動揺してしまうあなたへ。』より)

 

 

アーロン先生も書いておられるように、HSPでありながらHSSである方はいらっしゃると思います。でも、HSP+HSSの方と、HSP+ADHDは違うのではないかと思います。

 

 

それは、先ほどご紹介した例で考えていただけるとわかるのではないかと思います。

 

 

というのも、HSP+ADHDは、ささいな違いを察知して(S)、深く受けとめて(D)、強く感情反応して(E)、慌ててしまった結果(O)、自分でも予想外の言動をしてしまう(ADHD)のです。

 

 

HSSの方ですと、「動揺した結果、予想外の行動をとる」ではなく、「この状況を打破するためにあえてリスクを冒してでも相手の気を惹く言動をとってみる」というような行動に出るのかな、と思います。

 

なんだか細かくてよくわからなくなってきたー!というあなた。

ごめんなさい。

 

「自分はHSP+HSSじゃない」なら、ここはわからなくて全く問題ないので、ご安心くださいね。

 

 

まとめ

「HSPであり、かつ発達障害でもある、ということはあるのかな?」という疑問に対して「HSP+ADHDはあるんじゃないかな」という考えをお話しました。

 

目的はただひとつ。

 

「自分の傾向を理解したら、自分のことをもっと愛せるようになって、自分だけのオリジナルな生き方ができるようになる」ように。

 

 

 

もし、HSPや、HSP+ADHDで、苦しいことが多いよっていう方や、考えても考えてもよくわからないよという方がいらしたら、「箱庭療法」がおすすめかもしれません。

【繊細で敏感なHSPには箱庭療法が効果的】その理由をDOESで説明します

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
外資企業勤務後、心理臨床を志す。臨床心理士の資格取得後は東京・神奈川・埼玉県スクールカウンセラー、教育センター相談員などを経て、2016年、東京都港区・青山一丁目に「はこにわサロン東京」を開室。ユング心理学に基づいたカウンセリング、箱庭療法、絵画療法、夢分析を行っている。日本臨床心理士会、箱庭療法学会所属。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. […] «HSPと発達障害» 両方ある?HSP+ADHDについてDOESで説明 […]

  2. […] 両方ある?HSPとADHDについてDOESで説明 […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください