東京・青山の心理カウンセリングルーム オンライン・電話対応可

オンライン(電話)カウンセリング受付中

「疲れた・・もうだめだ」何も考えたくないときの対処法〜早めのケアが肝心!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
外資企業勤務後、心理臨床を志す。臨床心理士の資格取得後は東京・神奈川・埼玉県スクールカウンセラー、教育センター相談員などを経て、2016年、東京都港区・青山一丁目に「はこにわサロン東京」を開室。ユング心理学に基づいたカウンセリング、箱庭療法、絵画療法、夢分析を行っている。日本臨床心理士会、箱庭療法学会所属。
詳しいプロフィールはこちら

東京・青山の心理カウンセリングルーム「はこにわサロン東京」の吉田(臨床心理士・公認心理師)です。

 

こんな人はいませんか?

「疲れた・・・」

「もうだめだ」

「何も考えられない」

 

何も考えられなくなるのはなぜ?

こんなふうに、「もう何も考えられなくなる」のはこんな時です。

 

✔️  心身ともに疲労が溜まっている時

✔️  考えてもうまくいかない時

✔️  受け入れがたいことがある時

 

何事にも一生懸命、まじめに取り組む人ほど、責任感を強く感じがちです。

 

「何も考えたくない」と感じたら、意識的に休みを入れて、自分のケアをして欲しいと思います。

 

「何も考えたくない」状態のまま無理を重ねると、燃え尽きてしまったり、抑うつになってしまうこともあるので、注意してください。

 

「何も考えたくない」ときの対処方法とは

「何も考えたくない」ほど、疲れとストレスが蓄積したときには、意識してこんな風にしてみてください。

 

①  休息する

お休みの日を作ってのんびり過ごしたり、趣味・好きなことをする時間を持ちましょう。

 

身体を動かすこと、軽い運動もおすすめです。

だらだら、ゴロゴロも悪くありませんが、昼寝しすぎて夜寝られなくなるなど、生活リズムを崩さないようにしてください。

 

今の生活を見直す

毎日の生活がキャパシティ・オーバーになっていませんか?

 

もしそうなら、生活の見直しをしてください。

 

仕事や家事でスリム化、効率化できることはありませんか?

手助けしてくれる人・サービスはありませんか?

 

今すぐに変更できない場合は、この先、どのタイミングで変更可能か、見通しを持つことも大切です。

 

信頼できる人とつながる

何も考えたくないほどに疲労が蓄積しているときは、ひとりになりたいと思うものです。

 

それはもちろん大切で尊重されるべきなのですが、長引くと孤立しがちになるデメリットがあります。

 

家族やお友だちなど、信頼できる人とつながっておきましょう。

 

「今ちょっと大変なところ」「少し落ち着いたらゆっくり会おう」などと伝えておくと、相手も気にかけてくれますし、自分も心強いと思いますよ。

 

まとめ

「もう何も考えたくないほど疲れている」ときの対応方法について書きました。

 

「いつもこうだ」と思ってしまわずに、ご自分へのケアをお早めにしてくださいね。

 

「眠れない」「食欲がない」「意欲がない」の3つが当てはまったら、医療機関の受診をお勧めします。

 

健やかな日常をお過ごしくださいますように!

 

こちらの記事も読まれています

この記事を書いている人 - WRITER -
外資企業勤務後、心理臨床を志す。臨床心理士の資格取得後は東京・神奈川・埼玉県スクールカウンセラー、教育センター相談員などを経て、2016年、東京都港区・青山一丁目に「はこにわサロン東京」を開室。ユング心理学に基づいたカウンセリング、箱庭療法、絵画療法、夢分析を行っている。日本臨床心理士会、箱庭療法学会所属。
詳しいプロフィールはこちら