東京・青山の心理カウンセリングルーム 月金土開室 女性の臨床心理士在中

HSPや発達障害は脳の多様性

はこにわサロンまで続く道【その1】〜自己紹介の迷い

 
この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
外資企業勤務後、心理臨床を志す。臨床心理士の資格取得後は東京・神奈川・埼玉県スクールカウンセラー、教育センター相談員などを経て、2016年、東京都港区・青山一丁目に「はこにわサロン東京」を開室。ユング心理学に基づいたカウンセリング、箱庭療法、絵画療法、夢分析を行っている。日本臨床心理士会、箱庭療法学会所属。
詳しいプロフィールはこちら

東京・青山の心理カウンセリングルーム「はこにわサロン東京」の吉田美智子(臨床心理士)です。

はこにわサロンをオープンしてまもなく1年になります。

まだ、自分のプロフィールが書けなくて悩んでいます(苦笑)

人生に寄り道が多くて、うまくまとめられないみたい(言い訳)

 

臨床心理士というお仕事が、一般的にはあまり自己開示をお勧めされていない業種なこともあります。

(臨床心理士の自己開示が、カウンセリングにマイナスに働くリスクを防ぐためです。)

それで、何をどのくらい書くのか、悩んでしまうのです。

 

でもね、自己開示しないことのリスクもあるんじゃないかーと思うようになりました。

相手がどんな人かわからないと、相談するのも不安ですよね。

だから、自分のことも語ってみようと思います。

何回かに分けて書いてみたいと思います。

よかったら、読んでみてくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
外資企業勤務後、心理臨床を志す。臨床心理士の資格取得後は東京・神奈川・埼玉県スクールカウンセラー、教育センター相談員などを経て、2016年、東京都港区・青山一丁目に「はこにわサロン東京」を開室。ユング心理学に基づいたカウンセリング、箱庭療法、絵画療法、夢分析を行っている。日本臨床心理士会、箱庭療法学会所属。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください