思い出の風景構成法

 
風景構成法のご紹介

この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
ビジネスウーマンから、自分自身の内的必然性に導かれて、心理臨床の道へ。臨床心理士として学校や教育機関での相談活動を経て、2016年、東京・青山にはこにわサロン東京をオープン。 箱庭療法を通じて「あなただけの生き方」を応援している。
詳しいプロフィールはこちら

はこにわサロンの吉田です。

なつかしいスケッチブックを見つけました。

わたしが無気力から立ち直って心理の道を志した頃に描いた風景構成法です。

風景構成法(ふうけいこうせいほう、: Landscape Montage Technique ; LMT)は、中井久夫によって1969年に創案された、絵画療法芸術療法)の技法の一つである。

出典:Wikipedia

 

もう少し具体的に言いますと、決められた順番で風景の項目を描いていって、一枚の風景画を描きます。

作品から描き手の心の様子を理解するために利用されますが、描くこと自体にも自分と向き合う・深いところで修復する治癒作用があると言われています。

 

風景構成法(1枚目)

これが、心理学大学院を目指していた頃に描いた、人生初の風景構成法。

風景構成法(1)

 

画像があまり良くないので、分かりにくいかもしれませんが、一見して感じるのは浮世離れ感

川の右岸はピンク色の花畑一色ですし、左側も桜が満開で何だか現実感がありません。

この頃は、働きすぎて会社員をドロップアウトしてから1年半ほど経っていて、「心理の大学院に行こう」と決めて、アルバイトや勉強に精を出していましたけれど、わたしの心の中はまだ「ふわふわ〜〜」とした状態だったことがよくわかります。

 

風景構成法(2枚目)

 

風景構成法(2)

 

こちらが、その2ヶ月後くらいに描いた2枚目の風景構成法です。

(大学院入学が決まった頃)

桃太郎と猿カニ合戦が合体したような、まだ浮世離れ感はありますけども・・・。

にこにこした表情で川に洗濯に向かうおばあさんは、これから心理の勉強をしたり、自分とも向き合っていこうとしている心持ちが表現されているような気がします。

 

万感・・・

風景構成法にしても箱庭療法にしても、その作品は、個人的でとても大切なものなので、本当はネットで公開するようなものではありません。

ご紹介した2枚の風景構成法の作品は、これまで内々のワークショップなどでご紹介したことはありますが、基本的にはわたし自身の大切な心の軌跡としてしまっていました。

セラピストよしだ
でも、もうお見せしてもいいのかなぁ・・・と思ったのです。

区切りがついたのでしょうね。

そして、風景構成法って何だろう?と思っている方や、やってみたいなぁと思っている方にご紹介してみようと思いました。

 

はこにわサロンでも、風景構成法を行なっていますから、こちらからカウンセリング(初回)を選んでお申し込みください。

 

風景構成法をご希望と書いてくださると助かりますが、カウンセリングの当日にご相談いただいても大丈夫です。

 

 

はこにわサロン

 

この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
ビジネスウーマンから、自分自身の内的必然性に導かれて、心理臨床の道へ。臨床心理士として学校や教育機関での相談活動を経て、2016年、東京・青山にはこにわサロン東京をオープン。 箱庭療法を通じて「あなただけの生き方」を応援している。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はこにわサロン東京 , 2018 All Rights Reserved.