東京・青山の心理カウンセリングルーム オンライン・電話対応可

はこにわサロンの思い

「開業」という働き方セミナー  5月4日オンライン開催(臨床心理士・公認心理師限定)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
外資企業勤務後、心理臨床を志す。臨床心理士の資格取得後は東京・神奈川・埼玉県スクールカウンセラー、教育センター相談員などを経て、2016年、東京都港区・青山一丁目に「はこにわサロン東京」を開室。ユング心理学に基づいたカウンセリング、箱庭療法、絵画療法、夢分析を行っている。日本臨床心理士会、箱庭療法学会所属。
詳しいプロフィールはこちら

 

2人のカウンセラーが語る

【開業】という働き方

 

2021年5月4日(火・祝) 

13:00 〜 15:00 (120min.)

Zoom開催

8,000円

*臨床心理士・公認心理師 限定

(心理学部の学生・院生さん歓迎)

はこにわサロン東京 x つくば心理相談室 共催

 

2人のカウンセラーが語る【開業】という働き方

いつか開業してみたいけど、まさか自分が開業することはないだろうな・・・とわたしは思っていました。

 

でも、小さく、試してみようかな。

 

そう思って始めた「はこにわサロン東京」もまもなく5周年をむかえます。

臨床心理士や公認心理師で活躍している皆様にとって、「開業」は少し気になる・でもあまり身近に感じられない働き方なのではないでしょうか。

 

わたしもそう思っていました。「いつかできたらいいな」とは思うけど、身近に開業している先生といえば大学で教えるほどの偉い先生方ばかりで、「開業したい」なんて口が裂けても言えない、と思っていました。

 

でも「いつかビッグになったら開業する」なんて思っていたら、一生できないよね。それに、街のみんなが相談するなら、普通に話しやすいカウンセラーでもいいんじゃない?小さく始めてみて、ダメならやめればいいかも。

 

そんな始まりでした。

やってみて大変だったのは

✔️ やり方がわからず全てが試行錯誤だったこと(無駄なこともいっぱいした)

✔️ 集客面で軌道に乗るまで不安だったこと

 

やってみてよかったなと思うのは

✔️ 自分のペースで働けること

✔️ 自分のしたいカウンセリングができること

 

今は「開業して本当によかったな」と思っています。

開業する・しないはもちろん自由で、するほうがいいというわけではありません。でも「興味がある・考えてみたいけど情報がない」という方がいらしたら、わたしたちの経験がお役に立つかもしれない。そう思ったのがセミナー開催のきっかけです。

 

講師役パートナーの下城みすずさん(つくば心理相談室)は、ユニークな相談室運営をなさっています。自分に合った働き方を探るという意味でも参考にしていただけたらと思います。

 

講師役をつとめるのはわたしたち2人

吉田美智子(臨床心理士・公認心理師)

2008年より東京都・神奈川県・埼玉県スクールカウンセラー、教育相談センターで心理臨床に携わる。2016年、港区青山に「はこにわサロン東京」を開室。スクールカウンセラーと兼業しながら運営し、2020年よりスクールカウンセラーが週1、残りは「はこにわサロン」でカウンセリングをしています。

はこにわサロン東京
はこにわサロンtwitter

 

下城みすず(臨床心理士・公認心理師)

2007年より、医療機関および小中高校のスクールカウンセラーとして心理臨床に携わる。2018年つくば市に「つくば心理相談室」を開室。主に週末開業をしています。

つくば心理相談室anone

開業セミナーの内容

今回のセミナーでいちばん大切にしたいと思っているのは、「申し込んでいただいたからには、皆さんの質問でわたしたちが答えられることには全て答える」です。

 

せっかく「等身大」の開業カウンセラーに話を聞くのですから、遠慮せずに聞いてください。

 

わたしたちも、できるだけ、自分たちの言葉で、これまでのこと、うまくいったことも、うまくいかなかったこともお話ししたいと思っています。

 

開業セミナーで扱う内容は?

  • どうして開業したいと思ったのか
  • 開業の形態について(カウンセリングルームを持つ?持たない?)
  • どうして今の場所を選んだのか
  • 名前の決め方
  • 最初にかかったお金はいくら?(何が必要だった?)
  • HPの作り方や、HPまわりのこと。
  • PRの方法。してよかったこと、効果がなかったこと。
  • 運営日数や時間
  • 提供しているサービスの内容、料金をどうやって決めたか
  • 実際の運営の様子
  • 開業したいときの情報収集・チェックポイント
  • コロナの影響はどうだった?
  • 開業してよかったこと
  • 開業して大変だと思うこと、など、開業にまつわること何でも。

 

上記のようなことに加えて、参加者の皆さんの質問に答えます。

(セミナー申し込みの際に「質問事項」を記入する欄がありますので、ぜひ、たくさんの質問をお寄せください。)

 

開業セミナー当日の流れ

■ オープニングと講師自己紹介(5分)

■ セミナー開催のきっかけと思い(5分)

■ わたしたちの開業について何でも話します(75分)

■ 質疑応答(30分)

■ クロージング(5分)

 

開業セミナー 参加料金

8千円(消費税込み)

銀行振込またはPayPalのクレジットカードでお支払いください。

*お振り込み手数料・カード決済手数料(240円)はご負担ください。

 

注意事項

✔️ 録画・録音・複製はご遠慮ください

✔️ ご参加は臨床心理士・公認心理師いずれかの資格をお持ちの方に限らせていただきます(ただし、心理学部の学生さん・院生さんは歓迎します)

✔️ いただきました個人情報は、今回のセミナーのみで使用します

 

キャンセルポリシー

✔️ 一度お支払いいただいた料金は、理由の如何を問わず返金致しませんのでご注意ください。

 

 

わたしたちの開業は、ほんの一例です。ぜひ、ご自分にとってちょうど良い開業スタイルを実現してください♪

お会いできますのを楽しみにしています。

 

開業してみて感じたことのひとつに、開業スタイルの相談室ってもっとあっていいんじゃないか?ってことです。

 

街の人たちが困ったときに相談する先が近くにある。

いくつか比べて、自分に合ったところを選ぶ。

そういうことができてもいいんじゃないのかな、と思います。

 

そうするには、まだまだカウンセリングルームが足りなくて、その結果、カウンセリングを希望しながら受けられない、とか、資格のない相談先につながってしまうということが起きているように感じます。

 

ですから、もし、資格と経験をお持ちで「開業してみたいな」と感じておられるなら、ご自身のために、またまだ見ぬクライアントさんのために、チャレンジしてみてくださったらな、という気持ちでいます。

わたしは、ユング派がベースなので、自分との対話を重視して開業しました。

 

わたしにとっては、こういう道筋しか選べなかったな〜と思いますが、最初はとても孤独だったし、自分ではすごくこだわったけど意味がなかったな〜ということも何度もありました。

 

そんなこともお伝えできれば、何は大事で、何は端折っていいか、あるいは後からでいいかなどを検討していただく材料になるでしょう。

 

セミナーを通じて、ご自分にとってちょうど良い開業スタイルを実現してくださることを願っています!

この記事を書いている人 - WRITER -
外資企業勤務後、心理臨床を志す。臨床心理士の資格取得後は東京・神奈川・埼玉県スクールカウンセラー、教育センター相談員などを経て、2016年、東京都港区・青山一丁目に「はこにわサロン東京」を開室。ユング心理学に基づいたカウンセリング、箱庭療法、絵画療法、夢分析を行っている。日本臨床心理士会、箱庭療法学会所属。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください