東京・青山の心理カウンセリングルーム オンライン・電話対応可

はこにわサロンの思い

開業応援サロン(臨床心理士・公認心理師限定)をはじめました!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
外資企業勤務後、心理臨床を志す。臨床心理士の資格取得後は東京・神奈川・埼玉県スクールカウンセラー、教育センター相談員などを経て、2016年、東京都港区・青山一丁目に「はこにわサロン東京」を開室。ユング心理学に基づいたカウンセリング、箱庭療法、絵画療法、夢分析を行っている。日本臨床心理士会、箱庭療法学会所属。
詳しいプロフィールはこちら

2021年5月4日に、つくば心理相談室の下城みすずさんと【開業セミナー】を開きました。

 

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

 

セミナー準備や、セミナー終了後にいろいろと相談した結果、みなさんの開業をセミナーとは異なるもっと別の形で継続的にサポートできないか?と考え、【開業応援サロン】を立ち上げることにしました。

 

【開業応援サロン】を立ち上げる理由

わたしは、2016年8月に港区に「はこにわサロン東京」を開業しました。

 

臨床心理士の資格を得たのが2009年のことですから、まだまだ勉強中の自分が開業してもいいのか、ずいぶん悩みましたが、「クライアントさんの”自分らしく生きる”を応援しているんだから、わたしも自分のこころの声に従って自分らしく生きてみたい」と思って、決めました。

 

ところが、運営面の情報収集ゼロで始めたものですから、開業翌日から「困った、どうしよう!」の連続です。でも、誰に相談すればいいかもわからない。

結局、最初はホームページを作ろうと試みる過程で異業種の起業家たちとつながることができ、たくさんのことを学びました。けれど、臨床心理士としての悩みを相談する場がなく、最初の1〜2年は本当に何もかもが手探りの試行錯誤だったのです。それは、確かに今の自分の財産にはなっているけど、本当は相談者を持ちたかったなと思います。

 

そこで、開業当時に自分たちが悩んだことは何でも伝えよう、みんなに役立ててもらおうと開催したのが5月4日の【開業セミナー】でした。

 

開業セミナーでお話しした内容はこちら↓

  • なぜ開業したいと思ったのか
  • 開業の形態について(カウンセリングルームを持つ?持たない?)
  • 場所選びについて
  • 名前の決め方
  • 最初にかかったお金はいくら?(何が必要だった?)
  • HPについて(作り方)
  • PRの方法。してよかったこと、効果がなかったこと。
  • 運営日数や時間
  • 提供しているサービスの内容、料金について
  • 実際の運営の様子
  • 情報収集
  • コロナの影響
  • 開業してよかったこと
  • 開業して大変だと思うこと、など、開業にまつわること何でも。
  • 知識も経験も浅いのに開業して大丈夫?
  • 勉強と仕事の両立について
  • 開業を想定して、院生の時からしておいた方がいいことは?
  • 院での研究内容と開業してからの技法は一致しているべき?
  • 開業にあたっての準備やシステム的なとこと
  • 開業すること、継続していくことなどの経済的な情報、経験談

 

そうして【開業セミナー】を実施してみると、参加したみなさんからは「参考になりました」「前向きに検討してみようと思いました」といった反応に加えて、さらなる具体的な質問が次々と寄せられてきました。

 

そうですよね。

 

「自分でやろう」と思うと、いろいろな自分のイメージやアイディアが湧いてきますし、それに付随してたくさんの疑問が湧いてくるものですよね。

 

「次回のセミナーを楽しみにしています」というお声もいただきましたが、「次」より「いつでも相談できる」方がいいんじゃない?

 

それが【開業応援サロン】を立ち上げようと思った経緯です。

開業応援サロンとは?

Facebookを使ったメンバー限定のサロンです

参加していること、相談内容ともに、メンバー内だけで共有されます。

*メンバー限定のため、Facebookで検索してもメンバー以外には表示されません。

 

会費は月額9,923円(税・支払い手数料込み)です

真剣に開業を考えている方のために、管理者である吉田・下城は全力で応援します。

 

いつでも、質問や悩み事を相談することができます

2名の管理者(吉田・下城)からの助言に加え、会員同士で意見や感想を伝え合うことができます。

 

例えばこんな相談ができます

  • 自分が開業しても大丈夫だろうか?
  • 開業したら、経営的にやっていけるのだろうか?
  • 何から、何を準備したらいいの?
  • 開業することに決めた!から準備プロセスで相談できる人が欲しい
  • 具体的なあれこれ、ひとりで決めていくのはちょっと不安
  • 場所、名前、料金設定、サービス内容など、自分らしい開業ができるように決めたいけど、相談にのって欲しい、などなんでも相談できます

管理者やメンバーの助言・感想に対して、追加の質問をしたり、コメントをしたりできます。

(メンバーになると過去の相談内容も読むことができます)

 

 

【開業応援サロン】管理者のご紹介

吉田美智子(臨床心理士・公認心理師)

2008年より東京都・神奈川県・埼玉県スクールカウンセラー、教育相談センターで心理臨床に携わる。2016年、港区青山に「はこにわサロン東京」を開室。スクールカウンセラーと兼業しながら運営し、2020年よりスクールカウンセラーが週1、残りは「はこにわサロン」でカウンセリングをしています。

はこにわサロン東京
はこにわサロンtwitter

 

下城みすず(臨床心理士・公認心理師)

2007年より、医療機関および小中高校のスクールカウンセラーとして心理臨床に携わる。2018年つくば市に「つくば心理相談室」を開室。主に週末開業をしています。

つくば心理相談室anone

 

【開業応援サロン】の参加資格

  • 臨床心理士、公認心理師で開業を目指す方
  • これら2つの資格取得のための勉強をしている方

【開業応援サロン】申し込みの手続き

お申し込み方法はこちらです。

① 「お申し込みボタン」をクリックして、お申し込みください。

② 折り返し、「自動返信メール」が届きます。その中に:

✔️ PayPal の決済URLにて、毎月のお支払い申し込みのためのお手続きをしてください。

✔️メール記載のFacebookプロフィールのURLより「友達申請」をする。
→この時にメッセージも送っていただけると助かります。

 

以上の2つが済みましたら、24時間以内に吉田より「友達承認」および「開業応援サロンへの招待」をお送りします。

 

 

会費・お支払い方法について

会費の明細について

月会費 8,700
消費税 870
PayPal決済手数料 353
合計金額 ¥9,923

 

お支払い方法について

お支払いはPayPalで決済手続きを行なった日付けで、当月分のお引き落としをいたします。
例:6月5日に初回の決済手続き→7月5日に2回目の決済

お申し込みフォーム送信後に送られてくる自動返信メールに記載のURLをクリックしていただくと、PayPalでの手続きページが表示されます。

クレジットカードをご用意の上お手続きください。

 

月の途中から参加した時の会費はどうなりますか?

Paypalにて決済手続きを行なった日付が基準となりますが、期間内に退会された場合でも日割り返金はございません。

 

例えばこんな質問にお答えします

  • 開業するにはどのくらいの経験が必要だと思いますか?
  • 心理臨床の経験が少ない公認心理師の開業について相談したいです
  • 申込書や同意書はどう準備したらいいですか?
  • 主治医との連携はどうしていますか?
  • お部屋の雰囲気・運営で注意点はありますか?
  • 心理検査の実施について
  • 開業にあたり参考にした開業カウンセリングルーム・HPはありますか?
  • セミナー開催などの方法について

 

こんなことを相談できます

  • 自分が開業しても大丈夫だろうか?
  • 開業したら、経営的にやっていけるのだろうか?
  • 何から、何を準備したらいいの?
  • 開業することに決めた!から準備プロセスで相談できる人が欲しい
  • 具体的なあれこれ、ひとりで決めていくのはちょっと不安
  • 場所、名前、料金設定、サービス内容など、自分らしい開業ができるように決めたいけど、相談にのって欲しい、などなんでも相談できます

5月4日の開業セミナーでお話ししたことについても、再度・もっと具体的に、質問することができます。

(開業セミナーの内容はこちら)

  • なぜ開業したいと思ったのか
  • 開業の形態について(カウンセリングルームを持つ?持たない?)
  • 場所選びについて
  • 名前の決め方
  • 最初にかかったお金はいくら?(何が必要だった?)
  • HPについて(作り方)
  • PRの方法。してよかったこと、効果がなかったこと。
  • 運営日数や時間
  • 提供しているサービスの内容、料金について
  • 実際の運営の様子
  • 情報収集
  • コロナの影響
  • 開業してよかったこと
  • 開業して大変だと思うこと、など、開業にまつわること何でも。
  • 知識も経験も浅いのに開業して大丈夫?
  • 勉強と仕事の両立について
  • 開業を想定して、院生の時からしておいた方がいいことは?
  • 院での研究内容と開業してからの技法は一致しているべき?
  • 開業にあたっての準備やシステム的なとこと
  • 開業すること、継続していくことなどの経済的な情報、経験談

 

自分らしい開業を目指して

臨床心理士や公認心理師で活躍している皆様にとって、「開業」は少し気になる・でもあまり身近に感じられない働き方なのではないでしょうか。

 

わたしもそう思っていました。

 

「いつかできたらいいな」とは思うけど、身近に開業している先生といえば大学で教えるほどの偉い先生方ばかりで、「開業したい」なんて口が裂けても言えない、と思っていました。

 

 

でも、実際に開業して感じたのは、「開業カウンセラーはまだ足りないな」ということ。

ビッグネームでなくても構わない。自分の臨床をしたいと思う臨床心理士・公認心理師が、自分のペースでクライアントに向き合っていけばそれでよいのだということでした。

 

自分らしい臨床をしたい。

開業という働き方をしてみたい。

 

そう思われたら、ぜひ、一緒にやってみましょう。

少しだけ先を歩くわたしたちが、全力で応援します。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
外資企業勤務後、心理臨床を志す。臨床心理士の資格取得後は東京・神奈川・埼玉県スクールカウンセラー、教育センター相談員などを経て、2016年、東京都港区・青山一丁目に「はこにわサロン東京」を開室。ユング心理学に基づいたカウンセリング、箱庭療法、絵画療法、夢分析を行っている。日本臨床心理士会、箱庭療法学会所属。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください