東京・青山の心理カウンセリングルーム オンライン・電話対応可

オンラインやお電話でも相談できます

「自分にやさしく」できないのはなぜ?どうすれば自分を大切にできる?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Avatar photo
外資企業勤務後、心理臨床を志す。臨床心理士の資格取得後は東京・神奈川・埼玉県スクールカウンセラー、教育センター相談員などを経て、2016年、東京都港区・青山一丁目に「はこにわサロン東京」を開室。ユング心理学に基づいたカウンセリング、箱庭療法、絵画療法、夢分析を行っている。日本臨床心理士会、箱庭療法学会所属。
詳しいプロフィールはこちら

東京・青山の心理カウンセリングルーム「はこにわサロン東京」の吉田(臨床心理士・公認心理士)です。

 

よく「自分にやさしくしよう」と言いますが、「自分にはその価値がない」と感じたり、自分にやさしくすると罪悪感を感じてしまったり、また、「やさしくするとはどういうことかがわからない」という方がおられます。

 

なぜ、そうなってしまうのか。

 

どうすれば解消できるのか?についてお話したいと思います。

 

この記事はこんな方に向けて書いています

自分はダメな人間でやさしくされる価値がないと思う

自分にやさしくしようとすると強い罪悪感を感じて苦しくなる

「自分にやさしく」ってどういうこと?どうすればいいかわからない

自分はダメな人間でやさしくされる価値がない

「自分はダメな人間」「やさしくされる資格がない」と思っていませんか?

 

この世には、やさしくされる価値がない人はいません。

それなのに、なぜ、そう感じてしまうのでしょう?

 

✔みんなと同じことができないから

✔仕事をしていないから(仕事が続かないから)

✔いつも叱られてばかり、いつも無視されるのは、自分がダメな証拠だから

✔家族(職場・友だち)の中で自分だけ浮いてしまうのは、わたしに問題があるから

 

もし、こんな風に感じていたら、呪いの魔法にかけられているのだと思います。

「呪い」というのは、あなたに問題があるからではなく、あなたを不当に扱った側に問題があります。

 

あなたは、呪いをかけた人(例えば、お父さん、お母さん、先生や友だち)のことを好きだったから、または怖かったから、呪いを引き受けるしかなかったのです。

 

あなたは、自分のことを「いつも失敗ばかりしている、他の人のように適切にふるまうことができないダメな人間」と感じているかもしれません。

 

でも、人間は、心理的安全性(安心できる場・人間関係)が確保されなければ、自分の力を発揮することはできません。

 

不当に蔑まれたり、無視されるような環境・関係でうまくふるまうのは無理なのです。

 

つまり、呪いがかけられてしまったら、呪いを解かない限り、自分らしく生きることは難しいのです(あなたのせいではない、ということです)。

では、呪いをかけた人があなたに呪いをかけたのにはどんな理由があると思いますか?

自分に何か問題や落ち度があったから、疎まれた、呪いがかけられた、と思いますか?

 

いえ。

 

それは、本当に偶然、そういう巡りあわせだったのだと思います。

 

親側に何か未解決の課題があり、それを子どものあなたにぶつけずにはいられなかった。

 

兄弟の中で一番ぶつけやすい位置づけだった(例えば一番上だから、または下だから。または、男の子だからとか、女の子だからとか。)

 

子どもにとって、親は、とりわけ生まれてから最初の7~8年間は“神様”みたいな存在です。親がいなければ生き延びることができません。ですから、親の不適切な態度を引き受けざるを得ません。そのため親側も甘えが生じ、呪いが固定化されてしまうのです。

こうなると、本当に残念なことなのですが、学校などでも、同様の役割を引き受けがちになってしまい、家庭・学校ともに居場所がなくなってしまう、ということが生じることもあります。

 

(もちろん、学校では健康で温かい人間関係に恵まれて、居場所を見つける、自信を持つことができるケースもあります。)

 

呪いを解く方法とは?

では、この呪いをどうしたら解くことができるのでしょうか。

 

自分が「ダメな人間だ」と感じるようになったころ・出来事を思い出すことはできますか?

いま、振り返って考えるとどう感じますか?

 

イヤだった。

つらかった。

悲しかった。

孤独だった。

こんな感覚・感情が湧いてくるでしょうか。

 

それとも、

仕方がない。

わたしのせい

だと感じるでしょうか。

 

もし、あなたの大切なお友だちがこのことを打ち明けてくれたら、どう思いますか?

 

「あなたのせいじゃないのに、つらかったね・・・」と思うのではありませんか?

 

どうか、お友だちにかけてあげられる思いやりのある言葉を、あなた自身にもかけてあげてください。

 

そして、その時の自分の感覚・感情に、今の、大人の自分がともに寄り添ってあげてみて欲しいのです。

過去の悲しみや孤独を、今の、大人のあなたが理解し、ともに悲しむことが、過去のつらい体験を解き放ちます。

 

こんな風に過去と向き合うことを通じて、呪いが少しずつ解けていきます。

 

もし、信頼できる友だちやパートナーがいたら、気持ちを聴いてもらえるとよいかもしれません。

 

でも、もし難しい時は、信頼してつながれる専門家(臨床心理士・公認心理士)を探してくださるといいなと思います。

自分にやさしくすると罪悪感を感じてしまうのはなぜ?

お話してきた呪いの中に「自分にやさしくしようとすると罪悪感を感じる」という毒が含まれていたのだろうと思います。

 

呪いをかける人は、自分の非を隠すために「あなたのせい」という毒の魔法をかけてくるのです。

 

こんな風にされると、「自分のせい」「自分が悪い」と感じ、愛情や肯定、やさしくしてもらうことなども「自分にはその資格がない」と感じて避けてしまうようになります。

 

では、罪悪感を解くにはどうすればよいのでしょうか。

 

罪悪感を解く方法とは

①「そっくりさん超自我」を手放す

わたしたちの中には「超自我」と言って、いわば「警察役」の自分がいるものです。

 

「サボりたいなぁ」と思いながら「やらなきゃダメだよ!」と思う自分もいて、頑張ってやる、というようなことがありませんか?この「やらなきゃダメ」と言ってくるのが「超自我」です。

 

毒の魔法の呪いをかけるような人と接していると、自分の中に、その人そっくりの超自我が生まれることがよくあります。

 

「そっくりさん超自我」がいることで、その人に文句を言われるより前に、必要なことをしておこう、怒られないように振る舞おう、とするのですね。

 

この「そっくりさん超自我」は、元の、呪いをかけてくる人がいいそうなことは予測して、自分に「こうして」「こうしてはいけない」と指令を出してきます。

 

「自分にやさしくしよう」と思うと「自分にはその資格がない」と感じるのは、この「そっくりさん超自我」が「自分にやさしくすると、あなたにはその資格はないって言われるから、やってはダメ!」と言ってくるからです。

 

②「そっくりさん超自我」に飲み込まれないようにするには?

自分にやさしくしようとして罪悪感を感じてしまう時は、この呪いが作用しています。自己否定の渦に飲み込まれてしまいがちですが、「これは呪いなんだな」と客観的な視点を持ってみてほしいのです。それだけで、いつもと少し違います。

 

あなたが信頼できる、自分にやさしくできるお友だち・パートナーがいたら、この気持ちをお話してみてください。

 

肯定的にお話を聞いてもらうこと、また、彼らをお手本にすることで、少しずつ呪いを解いて、罪悪感を手放して行きましょう。

 

必要な時は、遠慮せずに、専門家(臨床心理士・公認心理師)に相談してくださいね。

 

「自分にやさしく」セルフケアの方法

「自分にやさしく」する具体的な方法がわからないとき、セルフケアの考え方が役に立つかもしれません。

 

セルフケア、というのは、ストレスを緩和するために、自分で心身のケアをすることです。

例えば・・・

 

✔️休憩時間に空を眺めて深呼吸してみる

✔️温かい飲み物を「ふぅふぅ」しながらゆっくり飲む

✔️肩や首筋など、凝っているところに手を当てて温めたり、やさしくもみほぐす

✔️肌触りの良いタオルを使う

✔️信頼できる人とおしゃべりをする

✔️ゆっくりお風呂に入る

✔️音楽を聴く

✔️自分が心地よいと感じる運動をする

✔️散歩に行く

✔️歌を歌う

✔️マインドフルネス(いまの自分の感覚に注意を向ける)

 

など、あなたが心地よい、と感じることなら、なんでもよいですよ。

 

(SNSなどは、楽しくても、ほどほどがいいかもしれませんが・・・)

 

ただ、人によっては、「お風呂に入る」とか「マインドフルネス」などをしようとすると、「そっくりさん超自我」が浮かんできてしまって、うまくいかないかもしれません。

 

がっかりする必要はありません。

まずは、呪いを遠ざけて置ける方法からやってみてください。

 

そして、1日の終わりには、自分に「お疲れさま」と「ありがとう」を伝えてくださいね。

まとめ

人間は、子どもの頃に、親や周りの大人から、大切にされ、温かく、やさしくしてもらう体験を通じて、他者や自分にやさしく接する態度を学びます。しかし、そのような経験がないと、やさしくする方法が分かりませんし、自分のことを大切にすることもできません。自分にやさしくするには、あなたを不当に扱った人と距離をとり、信頼できる人との係わりの中で新たに「大切に・温かく・やさしく」する体験をすることが必要です。

 

あなたに不当な態度をとった相手と距離を取ることや、呪いを解く方法も解説しましたが、うまくいかない時は、カウンセリングが力になると思います。

 

はこにわサロン東京でも、受け付けていますから、ご検討くださいね。

 

 

関連記事

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Avatar photo
外資企業勤務後、心理臨床を志す。臨床心理士の資格取得後は東京・神奈川・埼玉県スクールカウンセラー、教育センター相談員などを経て、2016年、東京都港区・青山一丁目に「はこにわサロン東京」を開室。ユング心理学に基づいたカウンセリング、箱庭療法、絵画療法、夢分析を行っている。日本臨床心理士会、箱庭療法学会所属。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください