「パパ、読んで!」お父さんに読んでほしい読み聞かせ絵本5冊

 

この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
ビジネスウーマンから、自分自身の内的必然性に導かれて、心理臨床の道へ。臨床心理士として学校や教育機関での相談活動を経て、2016年、東京・青山にはこにわサロン東京をオープン。 箱庭療法を通じて「あなただけの生き方」を応援している。
詳しいプロフィールはこちら

小さなお子さんがいる家庭では、絵本の読み聞かせが親子のハッピータイムではないでしょうか。

「でも、絵本の読み聞かせは、もっぱら妻の役割で・・・」

とおっしゃるお父さんに、ぜひ、読んでほしい絵本をご紹介したいと思います。

 

威厳をもって「よろしい、なかなか、よろしい」を言ってほしい

1冊目は、マリー・ホール・エッツの『また もりへ』です。

no name
この絵本は2冊シリーズになっていて、1冊目は『もりのなか』です。こちらも、おとうさんが要の絵本です。

なぜ、『また もりへ』がお父さんに読んでほしい絵本#1なのかというと、この中に出てくる「としとったぞう」が言う「よろしい、なかなか、よろしい」という決めセリフは断然、お父さんの声がマッチしているからです。

no name
「よろしい、なかなか、よろしい」はなんと8回も出てくるんですよ!

 

この絵本(『もりのなか』と『また もりへ』)の主人公は、ひとりの男の子です。

男の子が、森の中に遊びに行くのですが、そこでは、男の子がやってくるのを待っていた動物たちとの温かい交流があります。

それは、としとったぞうのセリフにも現れているように、男の子と動物たちの特別な時間なのです。

にもかかわらず、男の子にとって一番うれしいのは、おとうさんが迎えに来てくれて、一緒に帰る場面なのです。

no name
たまらなくキュンとします。

ぜひ、『もりのなか』と『また もりへ』と合わせて、お読みくださいね!

子どもは、案外、怖いお話が大好きです。
「怖い〜〜」と言って、大好きな大人にぎゅっとしてもらえると、心底あんしんするのだと思います。
 
お話は、ティファニーちゃんや、ティファニーちゃんのようなみなしごたちと楽しく暮らすお家を作ることになって、そこでは、人々が赤いマントに赤い帽子で暮らしているというところでおわります。
 

no name
こわ楽しくて、オススメです!

 

子育てとうさんの平和で長い一日

昔々、三重県四日市市にあるメリーゴーランドという本屋さんがやっている『あそびじゅつ』という親子向けのイベントに参加しました。

鳥羽水族館にお泊まりできる!と楽しみに出かけたら、水族館に泊まれるのは子どもだけで、残念でしたが、そこにあべさんが来ていて、『ライオンのよいいちにち』を読んでくださったのです。

そんなわけで、この本は、わたしの中では断然、「お父さんが読み聞かせる本」にランクインしたのです。

ちなみに、作者のあべ弘士さんは、あの北海道・旭山動物園の飼育員さんから絵本作家に転身されたので、動物のお話はコミカルな中にも生態がきちんと織り込まれているところがさすが!です。

お父さんと出かける、のりもの絵本

以前、こちらでもご紹介したのですが、お父さんと一緒ののりもの絵本は、やはりお父さんに読んでほしい絵本としてはずせません。

中でも、おすすめしたい1冊目はこちら。

ただそれだけなんですが、なんというか、この二人の姿に何か、誇らしさがにじみでているところが、可笑しいのです。
 
「今日は、パパと二人でお出かけだぞ!」
「うん。男同士のお出かけだね!」
みたいな。
 
この、誇らしさに、母は苦笑せずにはいられないような。
 
でも、ほんの少しだけ、自分が一緒に行かないことが寂しいような(いや、嬉しいほうが多いけど、笑)いや、どっちなんだろう!?
 

no name
お父さんは、この本を読んでどんな風に思うのかな。気になります。

 

絵しかない絵本。親子で対話する楽しみ。

この絵本。

文字は、最初のページの「これから ふたりは えんにちに でかけます。」だけ。

ですから、読み聞かせの実力を発揮する場面は少ないのです。

その上、ふたりの子どもは、日がなお祭りの縁日をブラブラして、最後は、お父さんとお母さんと会います。

だから、なぜ、お父さんに読んでほしいのかというと、こんなわけなのです。

わたしは、小さい頃は母と、小学校高学年になる頃には、お友だちと行きました。父と行ったことは、一度もありません。でも、祖父とは行ったことがあるような気がします。
 
縁日って、いろいろなことが少し胡散臭いでしょう?
 
母が一緒だと、食べ物屋さんが衛生的じゃないとか、そんなくだらないものにお金を使うのかとか、いろいろと常識的な「まった」がかかることが多かったと思います。
 
そういう時、父がいると、「まぁまぁ、たまのことだから・・・」と言って、欲しいものを買ってもらえるような気がするのです。(いや、私はしてもらったことはないのですが、汗)
 
その、わくわくを、この絵本は、お父さんと子供で一緒に味わうことができます
 
 

思い出の1冊があったら、それもいいですね!

ここまで、ぜひ、お父さんの声で読んでほしい絵本を取り上げてきました。

でも、本当は、お父さんが楽しく読めたら、どんな本だってかまわないと思います。

男性が、お母さんと女の子が出てくるお話を読んだって、まったく違和感はない、ということ。

no name
読むときは、ぜひ、おひざに抱っこでどうぞ!

今しかできない お子さんとの一体感、ハッピータイムをぜひ、存分に楽しんでくださいね!
この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
ビジネスウーマンから、自分自身の内的必然性に導かれて、心理臨床の道へ。臨床心理士として学校や教育機関での相談活動を経て、2016年、東京・青山にはこにわサロン東京をオープン。 箱庭療法を通じて「あなただけの生き方」を応援している。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© はこにわサロン東京 , 2018 All Rights Reserved.