東京・青山の心理カウンセリングルーム 月金土開室 女性の臨床心理士在中

摂食障害(拒食症・過食症)の原因、症状、カウンセリング効果とは

 
この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
外資企業勤務後、心理臨床を志す。臨床心理士の資格取得後は東京・神奈川・埼玉県スクールカウンセラー、教育センター相談員などを経て、2016年、東京都港区・青山一丁目に「はこにわサロン東京」を開室。ユング心理学に基づいたカウンセリング、箱庭療法、絵画療法、夢分析を行っている。日本臨床心理士会、箱庭療法学会所属。
詳しいプロフィールはこちら

拒食症とは

拒食症は身体に悪いところはないのに精神的な理由で食事がとれなくなってしまう病です。本人には摂食障害の意識がないことも多く、周りもダイエットかな?と軽く考えてしまいがちですが、重症化すると命に関わる危険がありますから、食事を摂らない、体重の減少が気になるときは、早めの医療機関の受診が望ましいでしょう。

摂食障害は自己イメージの歪みや心の叫びを表現したものであるので、医療的な治療に加えて、カウンセリングが有効です。

拒食症の原因は?

飽食の現代において、美味しい食事を制限して美しいプロポーションを保つことは、多くの若い女性の願いではないでしょうか。気軽な気持ちで始めたダイエットだったのに、体重が減ることで自己イメージが上がると、もう十分痩せているのに食事を摂ることができなくなってしまうことがあります。

食事が摂れていないので、イライラしたり、無月経や骨粗しょう症など、心身に異常が出てしまうことも少なくありません。けれど、自分では自分の食欲や体重をコントロールできている満足感があり、周囲から心配されてもそれでダイエットをやめられないのです。

また、摂食障害には、男女ともに、大人になることへの恐怖心があったり、食物や愛情を受け取ることへの恐怖心があったりすることもあります。

このように、摂食障害の心理課題には、そのままの自分でもいいと受け入れられるようになれるかどうかが関係しているように思います。時間はかかりますが、カウンセリングを通じて自己肯定感を獲得できると、お食事も少しずつ回復し、身体に必要なものをおいしくいただけるようになっていきます。

過食症

過食症は食欲をコントロールできずに一般的な摂取量より明らかに多い量の食事をとり、その後、吐く、下剤の使用、激しい運動などで過食の埋め合わせをしようとする病気で、拒食症同様、若い女性に多いと言われています。

背後に痩せたい気持ち、自己イメージを保ちたい気持ちがあると考えられます。また心の飢餓感を満たそうと食べてしまうのだと考えられます。

拒食症と異なり、栄養はとれていると考えてしまいがちですが、身体と心、双方への負担は否めません。

拒食と過食を繰り返してしまう場合もありますが、その根っこにあるのは、やはり、気持ちの満たされなさ自尊心の低さであり、カウンセリングを通じて心の中の傷つき癒し、拒食や過食に頼らない健康な心の状態を回復することが大切です。

この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
外資企業勤務後、心理臨床を志す。臨床心理士の資格取得後は東京・神奈川・埼玉県スクールカウンセラー、教育センター相談員などを経て、2016年、東京都港区・青山一丁目に「はこにわサロン東京」を開室。ユング心理学に基づいたカウンセリング、箱庭療法、絵画療法、夢分析を行っている。日本臨床心理士会、箱庭療法学会所属。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください