東京・青山の心理カウンセリングルーム オンライン・電話対応可

オンライン(電話)カウンセリング受付中

中学生のみなさんへのお願いです。休校中、戦力として家族を助けてください。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
外資企業勤務後、心理臨床を志す。臨床心理士の資格取得後は東京・神奈川・埼玉県スクールカウンセラー、教育センター相談員などを経て、2016年、東京都港区・青山一丁目に「はこにわサロン東京」を開室。ユング心理学に基づいたカウンセリング、箱庭療法、絵画療法、夢分析を行っている。日本臨床心理士会、箱庭療法学会所属。
詳しいプロフィールはこちら

(この記事はPDFダウンロードできます。)

わたしは、東京の中学校でスクールカウンセラーをしている吉田です。

 

きょうは、中学生のみなさんにお願いのメッセージを書きます。

 

コロナによる休校が長引き(東京ではもう2ヶ月になります)、みなさんも「学校はいつになったら始まるんだろう?」「家にいるのも飽き飽きしてきたよ」と思っているのではないでしょうか。

 

ほんとうに、1日も早く、ふだん通りの生活に戻してあげたいと、大人はみんな願っています。

 

でも、みなさんもご存知の通り、大人にとっても経験したことのないことばかりで、なかなか先の見通しを示してあげることができません。

 

そして、休校措置はまだまだ続くことが考えられます。

 

大人もだんだん頑張り続けることが苦しくなってきました。

 

ですから、どうか、中学生のみなさんの力を貸してほしいのです。

 

2011年3月11日の東日本大震災のとき、各地の避難先で中学生が炊き出しを手伝ったり、物資の配布を手伝ったり、元気に働いてくれたおかげで、みんなが元気を勇気をもらいました。

 

わたしが働いていた中学校でも、中学生がお手伝いしてくれて、嬉しかったし、誇らしかった、と聞きました。

 

ですから、今回も、みなさんが、混乱している大人たちを手助けしてくれたらと思うのです。

 

どのように助けるか?

今回は、外出自粛がとても大切な基本事項です。

 

3.11のときのように、リアルに友だちと一緒に働くことはできません。

 

それぞれが自宅で、自分の家族を助けて欲しいのです。

 

家族と話そう

家族みんなで、いま、何に困っているのか話し合いましょう。あなたが呼びかけてくれたら、大人はとても心強いと思います。

 

家族みんなが、コロナにならないで、元気に過ごすためにどうしたらいいか。

 

家の仕事を、どう分担したらいいか?

 

家の中の仕事は、キリなくあるから、少しずつ誰かが分けてやってくれるとすごく助かる。

 

自分がどう過ごすのかも考えてほしい。

 

休校が始まった頃は「早めの春休みだ、やった!」なんて思ったかもしれないけど、毎日家で過ごすのも、もうあきあきしているかもしれない。

 

今をどんなふうに過ごしたらよいか、考えてみてください。

 

自分にできる勉強もしてください。

 

数学や英語といった科目にこだわらなくてもいいと思います。

 

コロナのことを、正しくとらえることや、自分にできることを考えることも、大切な勉強だと思うから。

 

それから、生活リズムを整えてください。

 

生活リズムが乱れると、やる気があっても、したいことができない残念な結果になりかねません。

 

コロナ感染予防のために、外出は控えてくださいね。

 

でも、友だちとは上手につながりましょう。

 

もしかしたら、不安で苦しくなったり、自分の努力が無駄に思える時もあるかもしれない。

 

そんな時は、大人に話してください。

 

大人たちは、いつでも、あなたの気持ちを聴きたいと思っています。

 

それに、困ったときには、相談するのも「大事な仕事」です。

 

最後に、4月25ー26日付のニューヨーク・タイムズ(アメリカの新聞)の記事を紹介します。

 

この記事は、コロナ患者があふれるニューヨークの病院で、病院で働く人や、患者さんのこころを、音楽が明るくしていることを紹介しています。

 

この中に、16歳のカーラの体験が紹介されています。

カーラは、コロナウイルスに感染したため、3週間のあいだ、小児病院に隔離入院しました。

 

写真に写っているのは、無事に退院できた日のカーラ。ハグしているのはお母さん?

 

16歳で、誰もお見舞いに来られない状況で3週間ものあいだ入院するのはどんなに不安だったことでしょう!

 

でも、これは、誰にでも起こりうる(コロナは子どもも感染します)。

 

だから、どうか自分を守るために、行動してください。

 

どうかお願いします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
外資企業勤務後、心理臨床を志す。臨床心理士の資格取得後は東京・神奈川・埼玉県スクールカウンセラー、教育センター相談員などを経て、2016年、東京都港区・青山一丁目に「はこにわサロン東京」を開室。ユング心理学に基づいたカウンセリング、箱庭療法、絵画療法、夢分析を行っている。日本臨床心理士会、箱庭療法学会所属。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください