2017/08/05

箱庭作品をセラピストが解釈するのかどうか?という疑問にお答えします

 

この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
ビジネスウーマンから、自分自身の内的必然性に導かれて、心理臨床の道へ。臨床心理士として学校や教育機関での相談活動を経て、2016年、東京・青山にはこにわサロン東京をオープン。 箱庭療法を通じて「あなただけの生き方」を応援している。
詳しいプロフィールはこちら

あなた
箱庭療法で、作品を作ったらセラピストが作品を解釈してくれるんですよね?

こんな風に思っていらっしゃる方が、実は少なくないのではないかと思います。

でも、実は、箱庭療法はユング心理学に基づいていることもあって、セラピストが一方的に解釈することはあまりしないのです。

セラピストよしだ
作品を作った方(あなた)とセラピストとの共同作業で理解を深めていきますよ。

あなた
「でも、心理学を学んだセラピストなら、人のこころが読み取れるのではないですか?」

このように思われておられる方が少なくないのではないか・・・と思います。

セラピストが、人のこころや箱庭のイメージを読み取れるのかについてお話したいとおもいます。

 

セラピストには、こころが読み取れるのでしょうか?

一言で言えば「そう簡単に読み取れない」と言うのが、わたしの答えです。

人間のこころは、とても複雑で、拡がりと奥行きがあるので、ある一部分を読み取れたとしても、ひとりの人間を理解できるわけではないからです。

例えば、メンタリストDaiGoさんのような方が、「この人が次にとる行動は何か」を見事に予測されたりするので、心理学を学ぶと同様なことができるのでは?と期待(と怖れ)を持たれるのかもしれません。

というのも、中学生から「メンタリストDaiGoさんのようになるにはどうしたらいいですか?」と質問されたことがあり、なるほど、心理学を極めると、DaiGoさんになれると思うのだな、と思ったのです。

ところで、メンタリストDaiGoさんは、心理学のご出身ではなく、人工知能を開発する研究をされてこられたのだそうです。それで、ある環境下で人がどのように考え、行動しようとするかを予測するのが上手なのだと思います。

一方で、わたしが専門とするユング心理学では、人の言動そのものだけではなくて、「こう言ったけれど・・・」や「こんな風にしたけれど・・・」の「・・・」(迷いや葛藤)の方に関心を寄せます。そして、こちら側は、ひとことでは表せない世界・簡単には理解できない拡がりと深みのある世界であると、わたしは思っているのです。

セラピストよしだ
それで、ひとのこころはそう簡単に読み取れないと思っているのです。

 

箱庭に表現されたイメージを理解する方法

あなた
箱庭に置いたフィギュアには、それぞれ意味があるのではないですか?

セラピストよしだ
確かに、ひとつ一つのフィギュアには固有の意味がありますが、多くの場合、複数の、そして相反する意味を持っているのです。

ですから、「馬ならこう」、「クマならこう」と言い切れないのです。

 

例として蛇で説明してみますね。

蛇には「呑み込む」というイメージがあります。これは、蛇が獲物を捕獲するときに、獲物を丸呑みすることから生まれたイメージです。

一方で、蛇といえば、脱皮を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。わたしの母の実家は山間にありましたので、蛇の抜け殻が見つかることがありましたけれども、それは「幸運の印」だと教わりました。ここから、蛇といえば「一皮むけて新しい自分に生まれ変わる」イメージとも考えられます。

呑み込まれるイメージはなんだかネガティヴで、一皮むけるはポジティヴなイメージではないですか?

このように、蛇が置かれていても、セラピストが勝手にどちらかを判断することはできないのです。

さらに・・・

もし、「理由はわからないけど不安でたまらない」と思われている方の箱庭に蛇が置かれたら、少なくとも、その不安の源は全く正体不明なのではなくて、蛇のようなものなのかな?と仮定することができます。蛇がたまらなく怖いと感じていたとしても、やはり、全くわからないよりは、わかった方がいいだろうと思うのです。つまり、蛇は、あなたが不安に向き合う第一歩の箱庭のようです。

あるいは、一皮むける脱皮イメージの蛇が置かれたとしても、もしあなたが今、変化・進化を快く思っていなかったらどうでしょうか。必ずしも「ポジティヴなこと」と手放しで喜ぶわけにはいきませんよね。でも、この中で蛇のイメージについて話し合ったり、次の箱庭を作るうちに、蛇は、例えば鳥の巣の中で温められる卵や、ヒヨコに置き換えられていくかもしれません。蛇について言葉で話し合わなくても、箱庭の中であなたの変容が進められていく様子がわかります。

このほかにも、蛇には、侵入されるイメージやセクシャルなイメージなど、いくつか異なるイメージがあり、どのイメージが一番あなたの箱庭理解にフィットするのかを、あなたとセラピストの対話の中で、少しずつ理解していくのです。

 

イメージ理解のまとめ

 

セラピストがあなたの箱庭を一見して、あなたのこころが読み取れる(あるいは読み取っている)わけではないことがお分かりいただけたでしょうか。

箱庭表現のイメージは、ひとつのフィギュアにもいくつもあり、ポジティヴなもの、ネガティヴなもの、そしてあなたがどう感じるのかによっても、理解が違ってきます。

でも、一番大切なのは、あなたの箱庭表現をセラピストとともに話し合うことで、あなたのなかで気づきが生まれたり、違和感を感じて何か考え始めるきっかけとなったりすることです。

また、箱庭を作ったときには、なんだかよくわからない・セラピストの問いかけに対してもしっくりこないと思っても、帰り道や数日後のふとした瞬間に「あ・・・」と新しい気づきが訪れたりすることです。ここまでを含めて、箱庭療法なのです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
MichikoYoshida
ビジネスウーマンから、自分自身の内的必然性に導かれて、心理臨床の道へ。臨床心理士として学校や教育機関での相談活動を経て、2016年、東京・青山にはこにわサロン東京をオープン。 箱庭療法を通じて「あなただけの生き方」を応援している。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© はこにわサロン東京 , 2017 All Rights Reserved.